ニュース一覧へ戻る

第1回CyberSakuraの参加チームが決定

リリース情報

NPO法人エル・コミュニティが運営する全国の中高生を対象にしたサイバーセキュリティ教育プログラム「CyberSakura」は今年が第1回目の開催となります。

第1回CyberSakuraの参加チームが2021年9月28日に決定し、今後各参加チームは2022年3月26日に福井県鯖江市で実施される決勝ラウンドに向けて、10月〜11月のトレーニングラウンドを経て、12月の予選ラウンドに参加します。

 

CyberSakuraは米空軍協会が開発し、ノースロップ・グラマン社をはじめとするスポンサーのもと、エル・コミュニティによって運営されるサイバーディフェンスに特化した教育プログラムです。

https://cybersakura.jp/

 

 

<第1回CyberSakuraチーム一覧>

■参加チーム数:24チーム

■参加者合計数:90名

 

※五十音順・アルファベット順で掲載

※1つの所属組織から複数のチームが出場している場合があります。

 

  • 麻布学園麻布中学校 高等学校
  • 香川高等専門学校
  • 神戸市立工業高等専門学校
  • 群馬工業高等専門学校
  • 鯖江市中央中学校
  • 芝浦工業大学附属中学高等学校
  • 渋谷教育学園渋谷中学高等学校
  • 渋谷教育学園幕張中学校・高等学校
  • 豊田工業高等専門学校
  • 奈良工業高等専門学校
  • 函館工業高等専門学校
  • 武蔵高等学校中学校
  • CoderDojo師勝
  • codience
  • Hana道場
  • PCN仙台
  • PCN東京

 

<お問い合わせ先>

info@cybersakura.jp(CyberSakura事務局)

 

<エル・コミュニティについて>

エル・コミュニティは、福井県鯖江市に拠点を構え、若者による地域活性化のための活動を支援する団体として、特定の地域や分野にとらわれることなく、若者の意見を地域社会に反映させる仕組みづくりとその促進、多様な人材と学びあえる場と新たな地域ブランドの創出を目的として活動している特定非営利法人です。

2008年から鯖江市地域活性化プランコンテストを開催。

2015年には、SAPジャパンをはじめ25社以上のグローバル企業と地元企業が支援しているHana道場を開設。Hana道場は小学生からシニア世代までがプログラミングを学びなにかを創る場であり、多世代多業種が関わり新たな事業を生み出す「オープンイノベーション」をめざしています。

また、2020年から鯖江市内外の人々が集いコミュニティを形成し相互に新たな挑戦を支援し合う「場」の創出を目的とした、コミュニティ シェアオフィス「Hana Innovation Lab.」(Hana工房)を開設。