記事一覧へ戻る

『Ichigoタウンプロジェクト』リリース案内

Hana道場, リリース情報

 

NPO法人エル・コミュニティ(本部:福井県鯖江市、代表:竹部美樹)は、2017年12月15日(金)より、小・中学生に電子工作で楽しみながらプログラミングの知識を育み、プログラミングの可能性を実感してもらう講座を開始します。

「第4次産業革命(IoT、ビックデータ、人工知能、ロボット・センサーの技術的ブレークスルーの活用)」は日本の抱える人口減少問題を解消するチャンスだとされています。そのためIT人材育成を目的に2020年より、日本は小学生のプログラミング必修化を実施します。

本事業の目的は、「世界はプログラミングでできている」を知ってもらうことです。

プログラミングが必修化される前に、身近で楽しくITやIoT分野の領域を知ってもらい、こどもたちにITを学ぶ意義を体感してもらうことが重要だと考えています。

<本事業について>

本事業は、定期的に行う「スクール形式」と数回のスクール後に行う不定期開催の「イベント形式」に分かれます。

スクール形式では、信号機や踏切などを題材に電子工作とセンサー制御を学習していきます。

イベント形式では、スクールで学習したことを基礎に、チームで自分達の「街」をつくっていきます。チーム内で、プログラム制御をする子供もいれば、ダンボール等で建物や道路をつくっていく子供など役割を分担しながら1つの街をつくっていきます。また、IoTはどこで使えるか。どう使うと便利か。を考えてちょっと未来の街も創造してもらいます。

プログラミングの知識とチームワークを育みながら、次世代のIT人材を育成していきます。

 

【初回】IchigoJam電子工作コース〜信号機編〜

日時:2018年1月14日(日)14:00-15:30

会場:Hana道場

〒910-0025 福井県鯖江市1-6-6

参加費:1,500円

■申込先■

https://peatix.com/event/333605/